【WordPressのヘルプ】 バックアップの取り方

WordPress
スポンサーリンク

私はWordPressを利用するにあたって、エディタは「Gutenberg」、サーバーは「ConoHa」、テーマは「Cocoon」を選択しています。
この記事は、私が過去に困った際の解決方法をまとめています。
同様の条件で途方にくれている人がいましたら役に立つかもしれません。

今回は、「バックアップの取り方」について記述していきます。

何かあった時の備えとして、バックアップはあるに越したことはないです。
WordPressのバックアップはプラグインで簡単に取れるので、是非やっておきましょう。

1.WordPressのデータについて

これから何のバックアップを取ろうとしているのかについての補足説明です。
知らなくても問題は無いですが、心の片隅に留めておくと良いと思います。

HTMLで作成したWebサイトは、閲覧時にHTMLファイルの情報をそのまま表示しています。
その為、HTMLファイルのバックアップを取れば問題ありません。

それに対し、WordPressで作成したWebサイトは、閲覧時にPHPファイル内の命令に従ってデータベースから必要な情報を取得し、表示する仕組みになっています
つまり、PHPファイルデータベース内の読み込む用のデータの両方のバックアップを取る必要があります

なので、全部一気にバックアップを取ってしまいましょう。

2.BackWPupプラグインをインストールしよう

プラグインの「BackWPup」をインストールしましょう。

WordPressの管理画面から、「プラグイン」⇒「新規追加」⇒「BackWPup」を検索⇒「今すぐインストール」⇒「有効化」

これでBackWPupが有効になりました。

3.BackWPupの設定を変更しよう

それでは、BackWPupの設定を変更して、保存場所や自動バックアップの間隔を決めましょう。

BackWPupが問題無く有効化されていれば、WordPressの管理画面に「BackWPup」が表示されるようになりますので、クリックします。
画面が移行したら「ジョブを作成」という項目を探し、クリックして下さい。

「ジョブ」とは、バックアップファイル名・保存場所・自動保存間隔といった内容をカスタマイズした1つの設定を指します

「一般」、「スケジュール」、「DBバックアップ」、「ファイル」、「プラグイン」の5つのタブの内、設定を最低限変えておいた方が良い箇所をピックアップしていきます。

一般タブの設定

ジョブの名前
後でジョブを有効にする時にここで設定した名称で表示される為、何かしら名前を付けておいた方がわかりやすくなります。

・バックアップの保存方法
「フォルダー」か「Dropbox」に保存するのがおススメです。
ここでは無難にフォルダーを選択しています。

設定したら、ページ下部の「変更を保存」をクリックしましょう。
(クリックしなくても他のタブ移行時に自動保存されますが一応)

スケジュールタブの設定

ジョブの開始方法
「WordPressのcron」を選択しましょう。
選択すると、スケジュールの選択欄が現れます。

・スケジュールの設定
自動バックアップを行うスケジュールを設定します。
デフォルトでは毎日午前3時にバックアップを行うようになっています。
バックアップ中は負荷がかかる為、アクセスが集中しない時間帯に設定しましょう。

残りの「DBバックアップ」、「ファイル」、「プラグイン」のタブに関しては、デフォルトでほぼ全てバックアップを取るような設定になっている為、特に変更する必要はありません。

これでバックアップの設定が完了しました。
後は放置しておくと勝手にバックアップを取ってくれます。

すぐにバックアップを取り始めて欲しい場合は、WordPressの管理画面から「BackWPup」をクリックし、「作成したジョブを実行」をクリックして下さい。

先程設定したジョブが表示されているはずなので、「今すぐ実行」をクリックすればすぐにバックアップを開始してくれます。

4.バックアップを保存しよう

ここまでの説明でサーバーにバックアップを自動で取ってくれるようにはなりましたので、ローカルエリアにバックアップを保存しておきましょう。
WordPressの管理画面から「BackWPup」に照準を合わせ、「バックアップ」をクリックします。

バックアップファイルの一覧が出てくるので、任意のファイルに照準を合わせて、「ダウンロード」をクリックして下さい。
何か理由が無ければ最新(一番上)のバックアップファイルで問題無いです。

5.実際にバックアップをしてみよう

バックアップファイルは圧縮されているので、まずは解凍します。
解凍方法がわからない場合は「zip」や「解凍」で調べて、解凍ソフトを手に入れて下さい。

では、このバックアップファイルを使ってデータベースとファイル類を復元していきましょう。

データベースの復元

まずは、データベースの復元方法の説明です。

「phpMyAdmin」という管理ツールを使ってデータベースの復元を行います
「phpMyAdmin」は契約しているサーバー毎に開く手順が異なります。
私は「ConoHa」と契約しているので、「ConoHa」の場合の手順を記載しています。
他のサーバーと契約している方は別途検索して下さい。
まあ、契約サーバーのコントロールパネルでデータベースという項目を探せば普通に見つかるんじゃないかと思いますけどね。

ちなみに、データベースは厳密にはMySQLデータベースという名前です。
自分用のSQLという言語で動いているデータベースのことです。
『WordPressを始めると、このデータベースをいつの間にか使っているんだなぁ』程度の認識で充分です。

①「ConoHa」のコントロールパネルにログインする。
以下のリンクから「ConoHa」のコントロールパネルにログインして下さい。
ログインする為には登録しているメールアドレスとパスワードが必要です。

ログイン|VPSならConoHa
ConoHaのVPSはひと月589円から。最新CPU搭載、超高速SSDを採用した、高性能なのにかんたんに使えるVPSです。今だけお得なキャンペーンも実施中。

②「phpMyAdmin」にログインする。
コントロールパネルにログインしたら、「WING」⇒「サイト管理」⇒「データベース」と順番にクリックします。
ここでユーザー名とパスワードを控え、「管理ツール」の「phpMyAdmin」のリンクをクリックして下さい。

「phpMyAdmin」のログイン画面が表示されますので、先程控えたユーザー名とパスワードを入力し、ログインします。

③データベースを復元する。
ログインできたら、「インポート」を選択し、アップロードするファイルを指定する為に「参照」をクリックします。

参照するファイルは、解凍したバックアップファイルの中の「sqlファイル」です。
1つだけあるはずなので、それを選択して下さい。

後は「実行」をクリックすればデータベースの復元は完了です。

ファイル類の復元

ファイル類も復元したい場合、サーバーに接続してバックアップファイルをアップロードする必要があります。
サーバーに接続する為にはFTPソフトが必要です。
以下の記事でFTPソフトの1つであるFFFTPのインストール方法からサーバーの接続方法まで説明しているので、わからない方はそちらをご覧下さい。

サーバーに接続したら、サーバー側(画面右側)は「public_html」⇒「ブログのアドレス名のファイル」を選択してphpファイル諸々の収納先を開き、ローカル側(画面左側)にはバックアップファイルを開いて下さい。

すると、左右で同じようなファイルが収納されている状態が見て取れます。
この状態で「sqlファイル以外」をアップロードすれば、ファイル類の復元も完了です。

以上、「バックアップの取り方」についてでした。

タイトルとURLをコピーしました