【知ってるようで知らない規則】 国際単位系(SI) ~固有の単位とSI基本単位の相関

決まり事
スポンサーリンク

世の中には様々なルールがあります。
規則・規定・規格…呼び方は多々ありますね。
そんなルールの中には聞いたことはあるけど内容まではちゃんと理解していないものがあるのではないでしょうか?
本記事ではそんなモヤモヤを解決していけたらと
思います。

今回は、国際単位系(SI)の固有単位とSI基本単位の相関」について記述していきます。

国際単位系のSI基本単位

国際単位系とは何なのかよくわかっていない場合は以下の記事を先にご覧ください。

国際単位系はSIとも呼ばれており、そのSIで定義されている長さ・質量・時間・電流・温度・光度・物質量の7項目の単位をSI基本単位と呼びます
つまり、「m:メートル」・「kg:キログラム」・「s:秒」・「A:アンペア」・「K:ケルビン」・「cd:カンデラ」・「mol:モル」の7つがSI基本単位ということになります

《SI基本単位》

長さ
質量
時間
電流
温度
光度
物質量

m:メートル
kg:キログラム
s:秒
A:アンペア
K:ケルビン
cd:カンデラ
mol:モル

固有の名称を持つ単位とSI基本単位の相関

7つのSI基本単位の他にも固有の名称を持つ単位というものが存在します。
「N:ニュートン」・「W:ワット」・「J:ジュール」などが該当します。
これらの固有単位はSI単位と呼ばれており、SI基本単位で表すことが可能です
なので、その相関図を記載しておきます。

単位記号読み他のSI単位による表し方SI基本単位による表し方
平面角radラジアン1m m-1
立体角srステラジアン1m2 m-2
周波数Hzヘルツs-1
Nニュートンm kg s-2
圧力・応力PaパスカルN/m2m-1 kg s-2
仕事JジュールNmm2 kg s-2
仕事率・放射束WワットJ/sm2 kg s-3
電荷・電気量Cクーロンs A
静電容量FファラドC/Vm-2 kg-1 s4 A2
電圧・電位差VボルトW/Am2 kg s-3 A-1
電気抵抗ΩオームV/Am2 kg s-3 A-2
コンダクタンスSジーメンスA/Vm-2 kg-1 s3 A2
インダクタンスHヘンリーWb/Am2 kg s-2 A-2
磁束WbウェーバV sm2 kg s-2 A-1
磁束密度TテスラWb/m2kg s-2 A-1
セルシウス温度セルシウス度K
光束lmルーメンCd srm2 m-2 cd (sr cd)
照度lxルクスlm/m2m2 m-4 cd
(放射性核種の)
放射能
Bqベクレルs-1
吸収線量・カーマGyグレイJ/kgm2 s-2 (J/kg)
(各種の)線量当量SvシーベルトJ/kgm2 s-2 (J/kg)
酵素活性katカタールs-1 mol

馴染みのある単位が多いかと思います。
これらは複雑にはなるもののSI基本単位で表すことができるように定義されているわけです。
…ほんとよく考えますよねぇ。

以上、国際単位系(SI)の固有単位とSI基本単位の相関についてでした。

タイトルとURLをコピーしました