【知ってるようで知らない規則】 IEC規格 ~電気分野の国際的な基準に関する規格

決まり事
スポンサーリンク

世の中には様々なルールがあります。
規則・規定・規格…呼び方は多々ありますね。
そんなルールの中には聞いたことはあるけど内容まではちゃんと理解していないものがあるのではないでしょうか?
本記事ではそんなモヤモヤを解決していけたらと
思います。

今回は、IEC規格について記述していきます。

初めに

CE・UL・JIS・ISO・IEC…どこかしらで見たこと・聞いたことはあるけど結局何を表しているのかは知らないマークや規格というものはありませんか?

この記事はそんな疑問を持った人が軽く読んでなんとなく理解できるように簡単にまとめたものとなっています。

規格とは?

本題に入る前に規格とは何なのかについて軽く触れておきます。
知ってる方は読み飛ばして次の項へお進みください。

単純に”規格”と検索すると、“製品・製品寸法・材料・工程などに対して定義した基準”というニュアンスの説明が出てきます。
イマイチわかりづらい説明ですよね。
なので、何かを作る際のベースとなるものを規格と捉えてください

例えば、ある会社がお饅頭を作って売ろうとしているとします。
その際、量産をするためにA工場とB工場で製作をすることにしました。
売ろうとしているお饅頭には当然種類がありますので、その種類ごとに同じ原材料・サイズ・量でないといけません。
大きさや形がバラバラだと生産コストと売値のバランスが崩れてしまいますからね。
なので、『この材料を使って、この金型で、この分量で、このような工程で製作してください』という指示が必要です
この指示が規格というイメージです
こうして規格を定めておけば、A工場とB工場のように製作場所が変わったとしても出来上がる製品は全く同じものになります。

ちなみに、長さを表すための「m:メートル」という単位や重さを表す為の「kg:キログラム」という単位なんかも規格です。
ああして基準を定めているから”大体これぐらい”という想像を私達はできるのです。

このように、規格は私達の身の回りの至る所に存在しています。

IEC規格とは?

IECとは、International Electrotechnical Commission(国際電気標準会議)の略称です
IECは非政府間国際機関で、電気電子系の技術分野において国際的な標準化を図ることを目的としています
簡単に言えば、電気分野で第3者の視点を以て世界共通の基準を決めている機関です
そんな機関で制定された規格がIEC規格と呼ばれます。

IECは電気分野に関する規格を制定していますが、電気以外の分野はISO(国際標準化機構)にて制定されています。
一部の情報(IT)分野の技術に関してはIECとISOが共同で開発したという話もありますが、真偽は不明です。

IECは各国の標準化機構が参加して成り立っていて、日本からはJIS規格を制定している日本産業標準調査会(JISC)が代表として参加しています。

IEC規格に関しては、電気分野を専攻して学んでいなければ見かけることはほぼ無いです。
逆に、電気系を学んだ人はそこそこ触れ合う機会があります。
『電気を学んでいるけどIEC規格なんてあったっけ?』と思う方もいるかもしれませんが、それはIEC規格で定められていると知らないだけです。
では、どんなものがIEC規格で制定されているのかというと、図記号などが挙げられます。
図記号というと、直流電源・抵抗などを表す記号のことです。
こんなのですね↓↓

図1

これらの図記号はIEC規格で制定されているんです
ちなみに、JIS規格でも同じように制定されているみたいです。

以上、IEC規格についてでした。

タイトルとURLをコピーしました