【基礎から学ぶ三角関数】 半角の公式 ~sin(α/2)の2乗などの解法

数学
スポンサーリンク

電気電子系の勉強を行う上で、昔学校で習った数学の知識が微妙に必要なことがありますので、せっかくだから少し詳しく学び直し、まとめてみました。
『なんでその定理が成り立つのか』という理由まで調べてみたものもあったりなかったりします。

今回は、「半角の公式」についての説明です。

1.半角の公式とは?

三角関数の半角の公式とは、sin2(α/2)のように角度が1/2倍になっている場合の公式を指します

形がスッキリするのが二乗の場合だからか、二乗の場合の公式しか存在しませんけどね。
まあ、平方根使えばいいだけだと思いますけど。

公式は以下のようになっています。

次項から公式の証明をしていきますが、二倍角の公式を使うだけで簡単に求めることができます。

2.sin2(α/2)の証明

まずはsin2(α/2)の証明から始めます。

二倍角の公式でcos2α=1-2sin2αとなることがわかっています。

この式を変形すると、sin2α=(1-cos2α)/2になります。

ここで、αをα/2に置き替えると公式の形になります。
これだけです。

3.cos2(α/2)の証明

次はcos2(α/2)の証明です。

sinの時とやることは変わりません。
二倍角の公式でcos2α=2cos2α-1となることがわかっています。

この式を変形すると、cos2α=(1+cos2α)/2になります。

ここで、αをα/2に置き替えると公式の形になります。

4.tan2(α/2)の証明

最後にtan2(α/2)の証明です。

tanα=sinα/cosαなので、tan2(α/2)=sin2(α/2)/cos2(α/2)になります。

先程の証明でsin2α=(1-cos2α)/2cos2α=(1+cos2α)/2であることがわかっているので、これらを代入しただけです。

以上です。

求め方を知っていれば簡単に導き出せますが、単純に覚えろと言われると中々覚えにくい形の公式です。
二倍角の公式を覚えていれば導き出せるということだけでも覚えておけば問題ないと思いますよ?

以上、半角の公式についての説明でした。


【基礎から学ぶ三角関数】

◎三角関数の基礎 ~sin・cos・tanとはそもそも何?
◎三角関数と正弦曲線の関係 ~sin波とcos波について
◎sinθの2乗 ~2の付く位置について
◎三角関数と象限 ~角度と符号の関係
◎正弦定理 ~三角形の辺と対角の関係
◎余弦定理 ~三角形の角と各辺の関係
◎加法定理とは? ~sin(α+β)の解法

◎積和の公式 ~sinαcosβなどの解法
◎和積の公式 ~sinα+sinβなどの解法
◎二倍角の公式 ~sin2αなどの解法
◎半角の公式 ~sin(α/2)の2乗などの解法
◎逆三角関数 ~アークサインやアークコサインとは?

タイトルとURLをコピーしました