【ふんわりとイメージするIT用語】 SRAMとは?

言語
スポンサーリンク

PCを使用しているとIT用語がこれでもかと登場しますよね。
その都度調べるけど、ある用語の説明に別の用語が使われていてよくわからなくて放置していたりしませんか?
ということで、本当に基礎的な用語からあまり聞かない用語まで気になった用語を順次調べて自分の言葉でまとめていこうと思います。

今回は「SRAM」についてです。

初めに

IT用語をまとめたサイトは数多くあります。
あるのですが、詳しく説明しようとしているのか情報過多になって、結局何が言いたいのかわからないサイトが非常に多いです
また、編集者が知ってて当たり前と認識している内容の説明はスルーしていることも多々あります。

私は一応電気電子が専攻なので、IT用語は基礎中の基礎から知りたいのです。
その為、こうして自分で調べて自分なりに自分の言葉でまとめておこうと思ったわけです。

本記事は、タイトル通り”ふんわりとイメージする”、つまり入門向きの内容となっています。
難しい言い回しがあるなら例を挙げるなりして噛み砕いて記載します。
そこまでしないと自分で理解したと言えませんし。

また、形式ばった書き方だと拒否反応が起きる方もいそうなので、言葉遣いもゆるゆるにしています。

詳細なガチガチとした解説をお求めの人は他のサイトを見よう!
『せっかくだから俺はこの緑のブログを選ぶぜ!』という方はこのまま読み進めてくださいな。

SRAMとは?

SRAMは英語で[Static Random Access Memory]と書きます。
RAMとはCPUのための記憶装置で、データの読み書きは自由ですが電源を落とすとデータが消えるメモリ(揮発性メモリ)です
それがスタティック(静的)になるわけです。
…これではよくわかりませんね。
順番に説明していきます。

RAMの種類にDRAMというものがあります。
このDRAMの”D”は[Dynamic(動的)]のことです。
SRAMとは正反対の名前になっているんですね。

DRAMは常にデータの更新(再書き込み)を行わないとデータを忘れてしまうという特性があります。
この更新作業のことをリフレッシュ(記録保持動作)と呼びます。
SRAMは、このリフレッシュが不要なRAMのことを指しています。

DRAMはすぐにデータを忘れてしまうため長期的な記録には向かず、一時的な情報処理用途にしか使えません。
常にリフレッシュしているので消費電力は大きいですし、データの読み書きに時間がかかるというデメリットもあります。
その代わり、回路構造が単純なので低コストで大容量のメモリを作れます。

SRAMは、これらのDRAMの長所・短所を比較した時に真逆になります
つまり、データを長期的(※ 電源供給は必要)に保持可能で、消費電力は小さく、データの読み書きが速いです
その代わり、回路構造が複雑で高コスト小容量のメモリになります。

DRAMとSRAMは一長一短なので、用途に合わせて使い分けましょう。

ちなみに、SRAMの用途としてはキャッシュメモリとして使用されることが多いようです。
電池と併用することでデータ保持用として使用していることもあります。
SRAMの原理はフリップフロップ回路を使用したものなので、専門的な職業の方以外は深く考えない方が良いかと思います。

まとめ

SRAMとは、常にデータを更新しなくてもデータが消えないRAMです。
電源を落とすとデータは消えます。

以上、「SRAM」についてでした。


タイトルとURLをコピーしました