【ふんわりとイメージするIT用語】 レジスタとは?

言語
スポンサーリンク

PCを使用しているとIT用語がこれでもかと登場しますよね。
その都度調べるけど、ある用語の説明に別の用語が使われていてよくわからなくて放置していたりしませんか?
ということで、本当に基礎的な用語からあまり聞かない用語まで気になった用語を順次調べて自分の言葉でまとめていこうと思います。

今回は「レジスタ」についてです。

初めに

IT用語をまとめたサイトは数多くあります。
あるのですが、詳しく説明しようとしているのか情報過多になって、結局何が言いたいのかわからないサイトが非常に多いです
また、編集者が知ってて当たり前と認識している内容の説明はスルーしていることも多々あります。

私は一応電気電子が専攻なので、IT用語は基礎中の基礎から知りたいのです。
その為、こうして自分で調べて自分なりに自分の言葉でまとめておこうと思ったわけです。

本記事は、タイトル通り”ふんわりとイメージする”、つまり入門向きの内容となっています。
難しい言い回しがあるなら例を挙げるなりして噛み砕いて記載します。
そこまでしないと自分で理解したと言えませんし。

また、形式ばった書き方だと拒否反応が起きる方もいそうなので、言葉遣いもゆるゆるにしています。

詳細なガチガチとした解説をお求めの人は他のサイトを見よう!
『せっかくだから俺はこの緑のブログを選ぶぜ!』という方はこのまま読み進めてくださいな。

レジスタとは?

レジスタは英語で[register]と書きます。
意味は[登録]です。
IT用語としては、CPUMPUに内蔵されている記録装置を指しています。
※ MPUの一部がCPU。ややこしいので以降はCPUで統一します。

CPUはコンピュータの頭脳です。
色々データをかき集めて演算処理を行っている大事な部分です。

CPUは非常に動作が高速で、CPU専用の応答スピードを重視したメインメモリというものが繋がっています。
CPUが速すぎて、普通のメモリ(ストレージ)だと『データを寄越せ』と言っても動作に着いてこれずに反応してくれないのです。
その点、メインメモリは『データを寄越せ』と言えば即反応できるような作りになっています。
なので、CPUはこのメインメモリが集めてくれたデータを演算に使用するわけです。
つまり、メインメモリがCPU用のワークスペースなんです

ここでよく考えて欲しいのですが、CPUの演算ってどこでやっているのでしょうか?

メインメモリはあくまでCPUに繋がっていてデータを渡してくれる外部のメモリです。
ということは、CPUが演算処理の過程を記憶する為の内部のメモリもあるはずですよね?
メインメモリのデータを使用して演算を行っても、演算がどこまで進んでいるかという状態を覚えていなければ今何をしているのかわからなくなってしまいますから。
その状態記憶用のメモリがレジスタです。
脳が今考えていることだけを覚えておく為のメモリがレジスタというイメージですね。

その為、レジスタは記憶装置の中でも最も高速と言えます。
演算の過程や状態はその時々だけ覚えておき、演算が済んだらすぐに忘れて次の演算に取り掛かれる状態になります。
スピードを重視する代わりに覚えていられる時間を削った高速な記録装置がレジスタなのです。

まとめ

レジスタとは、CPUに内蔵された記録装置のことです。
今どこまで演算したかなどのCPUの状態を一時的に記録する為の装置です。

以上、「レジスタ」についてでした。


タイトルとURLをコピーしました