【ふんわりとイメージするIT用語】 ローカルディスクとは?

言語
スポンサーリンク

PCを使用しているとIT用語がこれでもかと登場しますよね。
その都度調べるけど、ある用語の説明に別の用語が使われていてよくわからなくて放置していたりしませんか?
ということで、本当に基礎的な用語からあまり聞かない用語まで気になった用語を順次調べて自分の言葉でまとめていこうと思います。

今回は「ローカルディスク」についてです。

初めに

IT用語をまとめたサイトは数多くあります。
あるのですが、詳しく説明しようとしているのか情報過多になって、結局何が言いたいのかわからないサイトが非常に多いです
また、編集者が知ってて当たり前と認識している内容の説明はスルーしていることも多々あります。

私は一応電気電子が専攻なので、IT用語は基礎中の基礎から知りたいのです。
その為、こうして自分で調べて自分なりに自分の言葉でまとめておこうと思ったわけです。

本記事は、タイトル通り”ふんわりとイメージする”、つまり入門向きの内容となっています。
難しい言い回しがあるなら例を挙げるなりして噛み砕いて記載します。
そこまでしないと自分で理解したと言えませんし。

また、形式ばった書き方だと拒否反応が起きる方もいそうなので、言葉遣いもゆるゆるにしています。

詳細なガチガチとした解説をお求めの人は他のサイトを見よう!
『せっかくだから俺はこの緑のブログを選ぶぜ!』という方はこのまま読み進めてくださいな。

ローカルディスクとは?

ローカルディスクとは英語で[local disk]と書きます。
コンピュータにとっての地元にあるディスクを指しているので、コンピュータに直接繋がっている補助記憶装置がローカルディスクです
簡単に言えば、画像や音楽データなんかをコンピュータの電源が切れようがずっと保存しておくためのデータ置き場です

記憶装置とは、コンピュータのデータやプログラムを保存・記憶する為の装置のことです。
データを読み書きできる…いわゆるメモリというヤツです。

メモリは大きく分けて二つに分類可能です。

一つは、CPUとやり取りする為の揮発性メモリ(電源を切るとデータが消える)であるメインメモリです
メインメモリとしては、RAMなどが使用されます。

もう一つは、それ以外の用途に使用する不揮発性メモリ(電源を切ってもデータが消えない)です
この不揮発性メモリのことをストレージと呼びます。
ストレージの種類は、CDHDD(ハードディスク)SSDROMフラッシュメモリなどです。

メインメモリとストレージの間には、メインメモリが必要に応じてストレージのデータを読み書きするという関係が成り立っています
ここで言う、HDDなどのストレージが補助記憶装置に当たります。

なので、ローカルディスクはコンピュータに直接繋がっている不揮発性メモリを指しています。

まとめ

ローカルディスクとは、コンピュータに直接繋がっている補助記憶装置のことです。
画像や音楽データなどを保存しておく為に必要なメモリです。

以上、「ローカルディスク」についてでした。


タイトルとURLをコピーしました