【ふんわりとイメージするIT用語】 ホームページとは?

言語
スポンサーリンク

PCを使用しているとIT用語がこれでもかと登場しますよね。
その都度調べるけど、ある用語の説明に別の用語が使われていてよくわからなくて放置していたりしませんか?
ということで、本当に基礎的な用語からあまり聞かない用語まで気になった用語を順次調べて自分の言葉でまとめていこうと思います。

今回は「ホームページ」についてです。

初めに

IT用語をまとめたサイトは数多くあります。
あるのですが、詳しく説明しようとしているのか情報過多になって、結局何が言いたいのかわからないサイトが非常に多いです
また、編集者が知ってて当たり前と認識している内容の説明はスルーしていることも多々あります。

私は一応電気電子が専攻なので、IT用語は基礎中の基礎から知りたいのです。
その為、こうして自分で調べて自分なりに自分の言葉でまとめておこうと思ったわけです。

本記事は、タイトル通り”ふんわりとイメージする”、つまり入門向きの内容となっています。
難しい言い回しがあるなら例を挙げるなりして噛み砕いて記載します。
そこまでしないと自分で理解したと言えませんし。

また、形式ばった書き方だと拒否反応が起きる方もいそうなので、言葉遣いもゆるゆるにしています。

詳細なガチガチとした解説をお求めの人は他のサイトを見よう!
『せっかくだから俺はこの緑のブログを選ぶぜ!』という方はこのまま読み進めてくださいな。

ホームページとは?

ホームページについて理解するにはWebWebページWebサイトについて知っておく必要があるので、先にそちらの説明から入ります。

Webとは、インターネット上で標準的に用いられる文書の公開・閲覧システムのことです。

インターネットとは、世界中の情報機器(PCやスマートフォンなど)を互いに繋いだ情報網のことです。
ちょっと調べものをしたいと考えた時、インターネットで検索して関連するページを開きますよね?
その開いたページは、文章・図・表・画像・動画などを組み合わせた文書です。
この文書には様々なリンク(ハイパーリンク)が用意されていて、数多の文書がリンクで参照し合っています。
私のブログを見ても、そこらに別の記事(文書)のリンクや広告のリンクがあるでしょう?
簡単に言えば、こうしてリンクを埋め込むことでインターネット上の情報を統合して誰でも使いやすいようにしたシステムがWebです
そして、そのWebを構成する文書の最小単位のことをWebページと呼びます。
つまり、今あなたが読んでいる記事(文書)がWebページに当たります

私のブログもそうですが、基本的にWebページ一つで構成されているということはないですよね?
いくつもの文書が用意されていて、それらがリンクで参照し合っているのが普通だと思います。

このように、複数のWebページを一纏めにして公開されているWebページ群のことをWebサイトと呼びます

Webページが一枚のページで、WebサイトがWebページをまとめた一冊の本というイメージをすると良いと思います。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、やっとホームページの説明に移れます。

ホームページとは、Webブラウザを起動した際に最初に表示されるWebページ(トップページ/メインページ)のことです
もしくは、Webサイトの表紙に当たるページのことを指します。

※ Webブラウザ…Internet Explorer、Google Chromeなどのインターネットで検索する為に必要なソフトウェアのこと。

要は、一番見て欲しいというか、そこに戻ってくれば大抵Webサイト内の情報がまとまっているページのことですね。
文字通りホーム(家)となるページ全般を指しているわけです。
本来の意味は。

現状は、WebページやWebサイトといったインターネットで検索されるあらゆる文書がホームページと呼ばれるようになっています。
誤用なのですが、定着してしまったので普通に伝わるようになっているパターンです。

まとめ

ホームページとは、Webブラウザを起動した際に最初に表示されるWebページ、もしくはWebサイトの表紙に当たるページのことです。
本来の意味としては間違いですが、WebページやWebサイトといったインターネットで検索されるあらゆる文書のことをホームページと呼んでも伝わります。

以上、「ホームページ」についてでした。


タイトルとURLをコピーしました