【ふんわりとイメージするIT用語】 BD-Rとは?

言語
スポンサーリンク

PCを使用しているとIT用語がこれでもかと登場しますよね。
その都度調べるけど、ある用語の説明に別の用語が使われていてよくわからなくて放置していたりしませんか?
ということで、本当に基礎的な用語からあまり聞かない用語まで気になった用語を順次調べて自分の言葉でまとめていこうと思います。

今回は「BD-R」についてです。

初めに

IT用語をまとめたサイトは数多くあります。
あるのですが、詳しく説明しようとしているのか情報過多になって、結局何が言いたいのかわからないサイトが非常に多いです
また、編集者が知ってて当たり前と認識している内容の説明はスルーしていることも多々あります。

私は一応電気電子が専攻なので、IT用語は基礎中の基礎から知りたいのです。
その為、こうして自分で調べて自分なりに自分の言葉でまとめておこうと思ったわけです。

本記事は、タイトル通り”ふんわりとイメージする”、つまり入門向きの内容となっています。
難しい言い回しがあるなら例を挙げるなりして噛み砕いて記載します。
そこまでしないと自分で理解したと言えませんし。

また、形式ばった書き方だと拒否反応が起きる方もいそうなので、言葉遣いもゆるゆるにしています。

詳細なガチガチとした解説をお求めの人は他のサイトを見よう!
『せっかくだから俺はこの緑のブログを選ぶぜ!』という方はこのまま読み進めてくださいな。

BD-Rとは?

BD-Rとは英語で[Blu-ray Disc Recordable]と書きます。
つまり、記録可能[Recordable]なBD(ブルーレイディスク)ということです。
※ BDとは、DVDの上位互換であるディスク(円盤状のメモリ)のことです。

出荷時はデータが何も書き込まれていない真っ新な状態で、そこにデータを記録していきます。
ただ、一度だけ記録可能という注釈が付きます。
厳密には、容量の範囲内でなら小分けにして何回でも書き込みが可能ですが、容量いっぱいになるとそれ以上は一切書き込めなくなります。
その性質から、追記型と呼ばれています。
あくまで空いている箇所に書き込んでいくので、一度書き込んだ内容は修正不可能という点は勘違いしないようにしましょう。

BDの中には、他にBD-REBD-ROMという種類があります。
これらは用途・特徴がまた違います。
詳しくはリンク先をどうぞ。

ちなみに、これらの種類名の後に「DL」が付くと片面二層構造で容量が50GB、「XL」が付くと片面三層構造で容量が100GBもしくは片面四層構造で128GBの容量になるようです。
層数が増えるとそれに対応したドライブが必要になりますけどね。

まとめ

BD-Rとは、一度だけ書き込みが可能なBDです。
再度書き込むことはできないです。

以上、「BD-R」についてでした。


タイトルとURLをコピーしました