【ふんわりとイメージする電気用語】 プリント基板とは?

言語
スポンサーリンク

普段使いしているけどよくよく考えると説明が難しい単語ってありませんか?
この記事は、私が疑問に感じた用語について調べてまとめたものとなっています。
イメージ重視で『ああ、そんな感じか』と理解したい人向けです。

今回は「プリント基板」についてです。

初めに

業界には特有の専門用語があります。
私は一応電気系の仕事をしているので、そちらの基礎知識を本ブログにそれなりにまとめています。
なのですが、用語の意味だけ早く知りたい場合はどこに記述されているか探す必要が出て苦労しそうなので、こうして別途用語をまとめておくことにしました。

少しでも疑問に思った単語は調べてまとめていこうと思いますので、興味があったら他の単語の記事も眺めてみてください。
最低でもちょっと賢くなった気分にはなれるはずですよ?

ちなみに、本記事はタイトル通り”ふんわりとイメージする”、つまり入門向きの内容となっています。
難しい言い回しがあるなら例を挙げるなりして噛み砕いて記載します。
そこまでしないと自分で理解したと言えませんし。

また、形式ばった書き方だと拒否反応が起きる方もいそうなので、言葉遣いもゆるゆるにしています。

詳細なガチガチとした解説をお求めの人は他のサイトを見よう!
『せっかくだから俺はこの緑のブログを選ぶぜ!』という方はこのまま読み進めてくださいな。

プリント基板とは?

私たちの身の回りには無数の電子機器(PCやスマートフォンなど)が存在しますよね?
この電子機器を分解すると、なんか部品が色々くっついた緑色の板が入っているのがわかります。
この板のことをプリント基板と呼びます。

樹脂でできた絶縁性の板の上に銅箔を配置して回路を形成(プリント)していて、この銅箔に抵抗コンデンサ・トランジスタ・CPU・フォトカプラなどの様々な部品がはんだ付けされています。

部品をはんだ付けする場所(パッドランドなど)以外の銅箔が露出しているとショートなどの不具合の要因になるので、耐熱性・絶縁性のあるソルダーレジストという物質で隙間を埋めています。
このソルダーレジストが緑色の正体です。

まとめると、電線の代わりに銅箔で回路を形成することで小型化し、様々な電子部品を実装するための基板がプリント基板というわけです

ちなみに、部品実装前のプリント基板のことをPWB、部品実装後のプリント基板のことをPCBと呼びます。

用語としての簡単な説明は以上です。
もう少し踏み込んだ説明も欲しい場合は以下の記事へどうぞ。

【基礎から学ぶ基板】 プリント基板とは? ~PCBとPWBの違いと多層構造について
基本的に"イメージ"を意識した内容となっておりますので、基礎知識の無い方への入門向きです。じっくり学んでいきましょう!今回はプリント基板についてです。
【図でイメージする関連用語】 プリント基板について ~プリント基板の層構成をわかりやすく解説!
イメージ図を用いて簡単な解説を行い、用語をまとめて覚えられるように一工夫してみました。今回は、「プリント基板の構成」についてまとめてみました。

まとめ

プリント基板とは、樹脂でできた絶縁性の板の上に銅箔を配置して回路を形成(プリント)して、この銅箔に抵抗・コンデンサ・トランジスタ・CPU・フォトカプラなどの様々な部品をはんだ付けできるようにした基板のことです。

以上、「プリント基板」についてでした。


タイトルとURLをコピーしました