【基礎から学ぶソレノイドバルブ】 主弁の手動切替方法

電気電子
スポンサーリンク

基本的に”イメージ”を意識した内容となっておりますので、基礎知識の無い方への入門向きです。
じっくり学んでいきましょう!

今回は、「ソレノイドバルブの主弁の手動切替方法」についての説明です。

初めに

ソレノイドバルブのデータシートを閲覧しているとよくわからない点はいくらでも出てきます。
(これはソレノイドバルブに限った話ではありませんが)

今回は、仕様の説明欄にしれっと書かれていることがある手動操作の方式についてまとめてみました。

メーカのサイトを閲覧しても全然情報が出てこなかったので、その道の方にとっては知っていて当たり前のことなのかもしれません。
ですが、私は機械屋さんが選定したソレノイドバルブを電気的に繋ぐ程度の使用練度なので、素人となんら変わりません
つまり、知ってる体で書かれても全くわからんのです。

ということで、わからないなりに調べてまとめてみた結果がこの記事となります。

ソレノイドバルブの基礎的な内容は以下のリンク先にまとめてあるので、不安な場合は先にそちらから読んでもらった方がわかりやすいと思います。

主弁の切替方法について

ソレノイドバルブの弁体の切替方式には直動式パイロット式があります。
これらの違いに関しては別の記事にまとめてあるので、ここでの説明は割愛します。
詳しく知りたい方は以下の記事をどうぞ。

直動式とパイロット式は過程は違えど電流を流すことで主弁(流動体が直接流れていて、直接的に流れる方向を制御している弁)を切り替えていることに変わりはないわけですが、人力手動で動かすことも可能になっています
何か問題があった時の非常措置という感じですね。
通電していない状態でも主弁を動かせる手段があるに越したことはないですから。

主弁の切替を行うということは流動体が移動して装置が動くということなので、手動で動かす場合は危険が無いか細心の注意を払うことを忘れないでください。
※ 通電している状態でも場合によっては主弁の手動操作が可能だったりしますが、危険なので止めましょう。

ちなみに、実際に主弁を手動でどう切り替えているのかというと、大体物理的に押し込んでいます

手動の切替方式の種類

切替方式は大きく分けて2種類あります。
プッシュ式スライド式です。

名前から想像はできると思いますが、一応補足説明をしていきますね。

プッシュ式

push=押すなので、ボタンを押すと主弁が切り替わる
微妙に色んな種類があったりしますが、本質的には以下の2種類になります。

◎ノンロックプッシュ式
ボタンを押すと主弁が切り替わる。
ノンロックとあるように、切り替えた状態で固定されるわけではないので、ボタンを押している間のみ主弁が切り替わる

◎プッシュターンロック式
ボタンを押すと主弁が切り替わり、ボタンを押した状態で捻ることによりその状態で固定される
つまり、主弁を切り替えたまま固定が可能
固定された状態のまま戻すのを忘れないように注意が必要。

スライド式

slide=滑る・ずれるなので、ずらすことで主弁が切り替わる。
スライド式にもロックが存在する。

ちなみに、SMCのソレノイドバルブなんかだと、仕様欄に手動操作の方式が書かれていますし、外形寸法図に手動切替用のボタンが”マニュアル”という形で記載されています

大体ソレノイドバルブといったらSMCなので、覚えておいて損はないかと思います。

以上、ソレノイドバルブの主弁の手動切替方法についての説明でした。


【基礎から学ぶソレノイドバルブ】

◎電磁弁の構造と原理
◎切替方式のシングルとダブルの違い

◎直動式とパイロット式の違い
◎主弁の手動切替方法

タイトルとURLをコピーしました