【ソレノイドバルブ情報まとめ】 SMC / S0700シリーズ (プラグリードタイプ)

電気電子
スポンサーリンク

個人的によく使用するソレノイドバルブをシリーズごとにまとめました。
型式の見方・ケーブル情報・カタログの置き場のリンクの情報などを記載してあります。
全てを載せてあるわけではないので、もっと詳しく知りたい場合はデータシートのリンクをページ最後に用意してあるのでそちらからどうぞ。

このページはSMCのS0700シリーズ (プラグリードタイプ)についてまとめています。

ソレノイドバルブの用語・基礎部分・他のソレノイドバルブへのリンクは以下の記事にまとめてあるので、参考にしてください。

ソレノイドバルブ情報一覧
本ブログでまとめているソレノイドバルブ(電磁弁)の一覧です。個人的によく使用するものをまとめています。データシートのリンクをまとめておくのが主な目的です。他には、基本情報・型式の見方・ソレノイドバルブを使用するに当たって必要となる...

ソレノイドバルブ情報

5ポートソレノイドバルブとして使用可能。
厳密には「4ポジション デュアル3ポート弁」という3ポート弁が2つ搭載された構造になっていて、各3ポート弁に独立した動作をさせることが可能なので、(実質)5ポート弁として使用可能。

ソレノイドバルブ単体での使用が可能なタイプと、マニホールドに複数のソレノイドバルブを配置しての使用が可能なタイプがある
1つ1つのソレノイドバルブからリード線が延びているからリードタイプと呼ぶのかな?

直接配管形とベース配管形(マニホールド部分から配管するタイプ)がある

プラグリードタイプとは別に、リード線が無く、マニホールドに挿し込んで使うプラグインタイプという種類もあり、そちらの方が設置容量・設置面積の面で優れている。
ただ、プラグインタイプはソレノイドバルブ単体での使用はできないというデメリットがある。
ソレノイドバルブの使用個数を目安にプラグリードタイプとプラグインタイプを使い分けると良い。

ソレノイドバルブの型式は以下のようなルールで名付けられています。

S07①②③-④⑤-⑥

①切換方式
→1:2ポジション シングル
→2:2ポジション ダブル
→3:3ポジションクローズドセンタ
→A:4ポジション デュアル3ポート(N.C.+N.C.)
→B:4ポジション デュアル3ポート(N.O.+N.O.)
→C:4ポジション デュアル3ポート(N.C.+N.O.)
※ N.C.…ノーマリークローズ、N.O.…ノーマリーオープン

②タイプ
→2:直接配管形(マニホールド一体形ベース)
→5:ベース配管形(単体) / ベース配管形(マニホールド一体形ベース)
→6:直接配管形(単体)
※ “2”は単体で使用不可、”6″はマニホールドへ搭載不可。

③ファンクション
→無表示:標準タイプ / EXH.ポート ワンタッチ管継手タイプ
※ 単体の直接配管型の場合
→R:外部パイロット
→S:EXH.ポート サイレンサ内蔵タイプ
※ デュアル3ポートの場合は外部パイロットに出来ない。

④電圧
→5:DC24V →6:DC12V

⑤リード線取出方法
→G・:グロメット
→M:M形プラグコネクタ リード線300mm付(ランプ・サージ電圧保護回路付)
→MO:M形プラグコネクタ リード線無(ランプ・サージ電圧保護回路付)

⑥ポート口径 / サブプレート有無
→無記号:サブプレート無
※ 単体のベース配管形の場合
→C2:φ2用ワンタッチ管継手
→C4:φ4用ワンタッチ管継手
→M5:サブプレート付
※ 単体のベース配管形の場合
→N1:φ1/8″用ワンタッチ管継手
→N3:φ5/32″用ワンタッチ管継手

特徴

使用流体
定格電圧
消費電力
使用周囲温度

:気体
:DC24V/DC12V
:0.35W(DC24V/15mA)
:-10~50℃

データシートリンク

SMC-WEBカタログ-パイロット式4·5ポートソレノイドバルブ

タイトルとURLをコピーしました