【光電センサ・フォトセンサ情報まとめ】 Panasonic / EX-10シリーズ(限定反射型)

電気電子
スポンサーリンク

個人的によく使用する光電センサ・フォトセンサをシリーズごとにまとめました。
型式の見方・ケーブルの配列・カタログやCAD図面の置き場のリンクの情報などを記載してあります。

このページはPanasonicのEX-10シリーズ(限定反射型)についてまとめています。

光電センサ・フォトセンサの用語・基礎部分・他の種類へのリンクは以下の記事にまとめてあるので、参考にしてください。

光電センサ・フォトセンサ情報

極薄型の限定反射型フォトセンサ(拡散光タイプ)。
出力配線は1つしか用意されておらず、入光時にトランジスタがONになる出力と遮光時にトランジスタがONになる出力の動作切換は不可能。
型式から読み取れるようになっているので購入時に間違えないように注意。
ケーブルがセンサから直接引き出されているタイプ。

型式は以下のようなルールで名付けられています。

EX-14①②

①:入光時ON/遮光時ONと投光部/受光部の位置
→A:入光時ON、フラットONタイプ
→B:遮光時ON、フラットONタイプ
※ 取付穴のある幅広の面に投光部/遮光部があるのがフラットONタイプ。幅広の面のサイドに当たる面に投光部/遮光部があるのがサイドONタイプ。限定反射型にはフラットONタイプしか存在しない。

②出力タイプがNPN型もしくはPNP型
→無表示:NPN型
→-PN:PNP型

特徴

電源電圧
消費電流
検出距離
使用周囲温度

:DC12~24V
:13mA以下
:2~25mm(※)
:-25~55℃

※ 白色無光沢の紙を対象とした場合。

ちなみに、最小検出物体は設定距離10mmの時にφ0.1mmの銅素線が該当する模様。

ピン配列・使用ケーブル・導体断面積・絶縁体外径など

ケーブルはシリーズ共通。
長さも2mで共通になっている。

ケーブル種類不明。(キャブタイヤケーブルではある)
内部電線導体断面積0.1mm2、絶縁体外径不明。

《ピン配列》

ピン番号信号線色
+V
出力
0V

データシートリンク

◎カタログ・マニュアル・CAD

極薄型ビームセンサ[アンプ内蔵] EX-10 Ver.2 | 制御機器 | 電子デバイス・産業用機器 | Panasonic
パナソニック 極薄型ビームセンサ EX-10 Ver.2の商品情報です。アンプ内蔵・極薄サイズ

タイトルとURLをコピーしました