【電線・ケーブル情報まとめ】 OKI電線 / ORP-Dケーブル

電気電子
スポンサーリンク

個人的によく使用する電線・ケーブルをシリーズごとにまとめました。
材質・特性・導体断面積・絶縁体外径などの簡単な情報を記載してあるので、使用用途に適していそうなら開発元のリンク先で詳細を確認するような使い方を想定しています。

このページはOKI電線のORP-Dケーブルについてまとめています。

電線とケーブルの用語・基礎部分・他の種類へのリンクは以下の記事にまとめてあるので、参考にしてください。

ケーブル情報

シールド有/無の選択が可能。

ケーブル型式は以下のようなルールで名付けられています。

ORP-D ①SQ ② ③ (2586)

①:導体断面積(sq)
②:心数
③:シールド無しの場合は無記入、シールドありの場合は(SB)と表示

例1) 導体断面積0.5sq・心数2C・シールド無しの場合

ORP-D 0.5SQ 2C (2586)

例2) 導体断面積2sq・心数3C・シールドありの場合

ORP-D 2SQ 3C (SB) (2586)

材質と特性
導体種類スズメッキ軟銅線
シース耐油性PVC
定格電圧600V
定格温度105℃

・ロボットケーブルなので屈曲部向け。

導体断面積と絶縁体外径
導体断面積絶縁体外径[mm]心数
AWG21 / 0.5sq1.522~10
AWG19 / 0.75sq1.732~10
AWG17 / 1.25sq2.22~10
AWG15 / 2sq2.62~10
AWG12 / 3.5sq3.42~10
AWG10 / 5.5sq4.152~10

データシートリンク

ORP-Dケーブル・シリーズ(UL2586)|屈曲対応ケーブル|ロボットケーブル|電線・ケーブル|製品情報|沖電線
当社独自の特殊エラストマー絶縁を採用し、優れた可動性能と低価格を両立した、細径600V定格ロボット用電源ケーブル「ORP-Dケーブル」の紹介です。

タイトルとURLをコピーしました