【基礎から学ぶ交流回路】 交流回路のインピーダンスの複素数表示

電気電子
スポンサーリンク

基本的に”イメージ”を意識した内容となっておりますので、基礎知識の無い方への入門向きです。
じっくり学んでいきましょう!

今回は、「交流回路のインピーダンスの複素数表示」についての説明です。

リアクタンスの複素数表示

誘導性リアクタンスXL及び容量性リアクタンスXCは複素数表示すると以下のようになります。

交流回路のインピーダンスの複素数表示

『そもそも複素数って何?』という方はこちら(工事中)へどうぞ。

R-L-C直列回路があります。

図1

このインピーダンスZを複素数で表すと以下のようになります。

このインピーダンスのことを複素インピーダンスベクトルインピーダンスと呼びます。
ちなみに、リアクタンスの部分が虚数扱いになっています

虚数を表す「j」が分子にあると位相がπ/2進んでいる、分母にあると位相がπ/2遅れていることを意味しています

以下のように交流電源にコイルもしくはコンデンサのみが繫がった回路があります。

図2

それぞれの回路に流れる電流は以下のようになります。

別の記事で交流電流の位相について触れている為、そちらと併せて電流の位相進み・遅れをイメージすると記憶に定着しやすいかと思います。

以上、「交流回路のインピーダンスの複素数表示についての説明でした。


【基礎から学ぶ交流回路】

◎正弦波交流 ~正弦波の周期と周波数
◎正弦波交流の位相のズレ
◎正弦波交流の平均値と実効値

◎正弦波交流のベクトル表示
◎交流回路のオームの法則

◎交流電流の位相の変化
◎R-L-C直列回路のポイント

◎R-L-C並列回路のポイント
◎交流回路の共振
◎交流回路の電力
◎交流回路のインピーダンスと電力の関係

◎交流回路のインピーダンスの複素数表示
◎交流回路の電力の複素数表示
◎交流ブリッジ回路と平衡条件
◎過渡現象と時定数
◎ひずみ波 ~基本波・高調波とは?

◎復調 ~ひずみ波から特定の周波数を取り出す方法

タイトルとURLをコピーしました