【基礎から学ぶ交流回路】 交流電流の位相の変化

電気電子
スポンサーリンク

基本的に”イメージ”を意識した内容となっておりますので、基礎知識の無い方への入門向きです。
じっくり学んでいきましょう!

今回は、「交流電流の位相の変化」についての説明です。

抵抗に流れる交流電流の位相

抵抗にかかる交流電圧と交流電流は同位相となる。

誘導性リアクタンスに流れる交流電流の位相

誘導性リアクタンスにかかる交流電圧に対して、交流電流の位相はπ/2遅れる。

容量性リアクタンスに流れる交流電流の位相

容量性リアクタンスにかかる交流電圧に対して、交流電流の位相はπ/2進む。

抵抗、誘導性リアクタンス、容量性リアクタンスは交流電流の流れを妨げる作用があります。
また、印加した交流電圧と交流電流の位相に差が生じることがある為、それぞれの現象について説明していきます。

抵抗の場合

交流電源v=√2Vsinωtに抵抗Rが接続された回路があります。
この回路の交流電圧、交流電流の波形及びベクトル図は図1のようになります。

図1

このように、抵抗Rに交流電圧を印加した場合、交流電圧と交流電流の位相は同位相になります

誘導性リアクタンスの場合

交流電源v=√2Vsinωtに誘導性リアクタンスXLが接続された回路があります。
この回路の交流電圧、交流電流の波形及びベクトル図は図2のようになります。

図2

このように、誘導性リアクタンスXLに交流電圧を印加した場合、交流電圧に対して交流電流の位相はπ/2遅れます
位相の進み・遅れの見方がイマイチわからないという方はこちらへどうぞ。

容量性リアクタンスの場合

交流電源v=√2Vsinωtに容量性リアクタンスXCが接続された回路があります。
この回路の交流電圧、交流電流の波形及びベクトル図は図3のようになります。

図3

このように、容量性リアクタンスXCに交流電圧を印加した場合、交流電圧に対して交流電流の位相はπ/2進みます
位相の進み・遅れの見方がイマイチわからないという方はこちらへどうぞ。

以上、「交流電流の位相の変化」についての説明でした。


【基礎から学ぶ交流回路】

◎正弦波交流 ~正弦波の周期と周波数
◎正弦波交流の位相のズレ
◎正弦波交流の平均値と実効値

◎正弦波交流のベクトル表示
◎交流回路のオームの法則

◎交流電流の位相の変化
◎R-L-C直列回路のポイント

◎R-L-C並列回路のポイント
◎交流回路の共振
◎交流回路の電力
◎交流回路のインピーダンスと電力の関係

◎交流回路のインピーダンスの複素数表示
◎交流回路の電力の複素数表示
◎交流ブリッジ回路と平衡条件
◎過渡現象と時定数
◎ひずみ波 ~基本波・高調波とは?

◎復調 ~ひずみ波から特定の周波数を取り出す方法

タイトルとURLをコピーしました