【基礎から学ぶ磁力】 磁気に関するクーロンの法則

電気電子
スポンサーリンク

基本的に”イメージ”を意識した内容となっておりますので、基礎知識の無い方への入門向きです。
じっくり学んでいきましょう!

今回は、「磁気に関するクーロンの法則」についての説明です。

磁気に関するクーロンの法則

「静電気に関するクーロンの法則」と併せて考えると覚えやすいです。

点とみなせるほど小さな磁極のことを点磁極と呼びます。
そういう概念として認識しましょう。

2つの点磁極に働く磁力(反発力・吸引力)の大きさF[Nニュートン]は、2つの磁極の強さm1m2の積に比例し、距離の2乗に反比例します
この関係を、磁気に関するクーロンの法則と呼び、磁力のことを磁気力とも呼びます
磁極の強さの量記号はm、単位は[Wbウェーバ]です。
仮に真空中にm1[Wb](N極/正極)とm2[Wb](S極/負極)の点磁極が存在していた場合、図1のように磁力(ここでは正と負の異種磁極が存在している為、吸引力が発生)が働きます。

図1

式で表すと以下のようになります。

rは距離で、単位は[m]です。
μ0は真空中の透磁率で、単位は[H/mヘンリー毎メートル]です。
μは「ミュー」と読みます。
透磁率とは、媒質(空気などの物質が存在できる場所)での磁束の通しやすさを表す定数です。
磁束を透過する割合だから透磁率ということですね。

磁極が真空中に存在している場合、1/4πμ0の値は以下のようになります。

真空以外の媒質では透磁率μを用い、透磁率μが真空中の透磁率μ0の何倍かを表した比のことを比透磁率μsと呼びます。

以上の点を踏まえて磁力の式を整理すると、次のように表すこともできます。

真空中の比透磁率μsは、μ=μ0となる関係からμs=1として計算することになります。

以上、「磁気に関するクーロンの法則」についての説明でした。


【基礎から学ぶ磁力】

◎磁極
◎磁気に関するクーロンの法則
◎磁界と磁束と磁力線の関係
◎静電気と磁気の公式の関係
◎磁界と電流の関係
◎ソレノイドの内部磁界
◎電磁誘導 ~磁束の変化によりコイルに起きる現象
◎フレミング右手の法則 ~移動させた時の電流・磁束・力の向きの関係
◎電磁力 ~磁界中の導体に働く力
◎フレミング左手の法則 ~電流を流した時の電流・磁束・力の向きの関係
◎磁界中のコイルに働くトルク
◎磁気回路のオームの法則
◎磁気抵抗と電気抵抗の比較
◎自己インダクタンス
◎相互インダクタンス
◎自己インダクタンスと相互インダクタンス
◎コイルの磁気エネルギー
◎ヒステリシス特性

タイトルとURLをコピーしました