【AutoCADのメモ】 複数の図面をまとめて印刷する方法

CAD
スポンサーリンク

AutoCAD用のメモです。
私が使用しているのは「Autodesk AutoCAD LT 2019」です。
使用バージョンによってやり方が異なる可能性があるので注意です。
この記事は、私が過去に困った際の解決方法をまとめています。
同様の条件で途方にくれている人がいましたら役に立つかもしれません。

今回は、「複数の図面をまとめて印刷する方法」について記述していきます。

複数の図面をまとめて印刷する

CADの図面を複数印刷する時は図面を開いて印刷して、他の図面を開いて印刷して…と面倒ですよね?
AutoCADでは複数の図面をまとめて印刷する方法があることに最近気がついたので、ここにまとめておきます。

では、早速複数の図面をまとめて印刷する方法について説明していきます。

まず、下準備としてレイアウト用のシートで印刷のページ設定を行っておく必要があります
印刷のページ設定に関しては以下の記事をご覧ください。

普通に紙で印刷する場合とPDF化したい場合があると思うので、それぞれの設定をしたシートを予め用意したフォーマットを作っておくと便利です。
ちなみに、私はシートの名前を印刷用、PDF用と名付けています。

①印刷したい図面を1つ開く。
まずはまとめて印刷したい図面データの内の1つを開いてください。

②メニューからパブリッシュを開く。
画面左上のメニューボタン(Aってヤツ)の中に「パブリッシュ」という項目がありますので、これをクリックしてください。

③パブリッシュの設定をする。
以下の項目の設定をします。

【パブリッシュ先】
デフォルトで「ページ設定で指定のプロッタ」になっているので、このままにする。
ここでいう「指定のプロッタ」は、下準備してもらった各シートの印刷設定のことを指しています。
なので、そのシートの印刷設定を利用して印刷を行ってくれるようになります

【印刷するシート】
画面中央にシート名・ページ設定・状態の3項目が書かれたリストが表示されていると思います。
ここに表示されているのは今現在開かれている図面の全シートです。
なので、デフォルトから特にシートの名前を変更していない場合、モデル・Layout1・Layout2の3シートが表示されているはずです。
私の場合はLayout1⇒印刷用、Layout2⇒PDF用にシート名を変更しているので、モデル・印刷用・PDF用の3シートが表示されます。

今、図面をまとめて紙で印刷したいとします。
その場合は、印刷用のシート以外をリストから削除してください
リストからシートを除去するボタンがあるので、それを使いましょう。
別のシートを追加するボタンも存在するので、ここで他のまとめて印刷したい図面データを読み込み、同様に余分なシートを削除して印刷したいシートのリストを作りましょう。
ちなみに、今現在開かれている図面の全シートが表示されるので、予め印刷したい図面を全て開いた状態でパブリッシュを開くと全シートのリストが表示されます
好きな方でリストを作ってください。

上記の設定を終えたら「パブリッシュ(P)」をクリックして先に進みます。

以上の手順で複数の図面を同時に印刷できます

「現在のシート一覧を保存しますか?」、「DSDファイルを作成する為にはファイルを保存してください」、「印刷またはパブリッシュジョブはバックグラウンドで実行されています」とか色々出てきますが、全部無視で構いません

紙で印刷する場合は勝手に印刷されますが、PDF化をする場合は1つ1つ保存場所を設定する画面が出てきますので、フォルダを用意するなりして保管しましょう。
また、PDF化の場合は若干タイムラグがあるので、すぐに画面が出てこなくても焦らないでくださいね。

以上、複数の図面をまとめて印刷する方法についてでした。

タイトルとURLをコピーしました