【AutoCADのメモ】 ALIGNコマンド~オブジェクトの位置合わせをする

CAD
スポンサーリンク

AutoCAD用のメモです。
私が使用しているのは「Autodesk AutoCAD LT 2019」です。
使用バージョンによってやり方が異なる可能性があるので注意です。
この記事は、私が過去に困った際の解決方法をまとめています。
同様の条件で途方にくれている人がいましたら役に立つかもしれません。

今回は、「ALIGNコマンドの使い方」について記述していきます。

コマンドとは?

コマンドは、特定の文字列を直接入力することで使用可能な機能のことです
画面上部のエリア(ツールバー?メニューバー??)に存在するものもありますが、慣れると探すよりも入力した方が早くなります。

コマンドの種類は多彩な上に検索しても機械的な説明ばかりでわかりづらいものが多い為、実際に使ってみた具合を書き残しておこうという魂胆の記事となっています。

肝心のコマンドの使い方ですが、画面下に「ここにコマンドを入力」というエリアがあるので、ここに入力すれば問題ないです。
わざわざそこをクリックせずとも適当にキーボード入力しても反応してくれますけどね

コマンドを使用する場合は、まず初めにEscapeキー(キーボード左上のescキー)を押すことを推奨します
これを推奨する理由は、誤って図面内の何かを選択してしまっていた場合にコマンドの暴発を防ぐためです。
コマンドによっては特定のオブジェクト(線・円・テキストボックスなどのこと)を選択してからコマンドを入力という手順でも機能しますので、とりあえずescキーを押す癖を付けておくとミスが減りますよ?
また、特定のコマンドは解除しなければ連続して発動するものがあるので、終わり際にもescキーを押しましょう。

ちなみに、説明で使用している図はAutoCADではなくExcelで描いています。
理由は単純で、記事をまとめているのは自宅、つまり自宅PCにAutoCADなんて入ってないからです。
家のPCに製品版AutoCAD突っ込んでも使い道ないしさ…仕方ないね(´・ω・`)

ALIGNの機能

「ALIGN」は、オブジェクトの位置合わせをする機能です。

言葉での説明は難しいので、図を用いて説明していきます。

図1のように長方形のオブジェクトと線分ABが存在したとします。

図1

ALIGNコマンドを使うと、この長方形のオブジェクトを線分に沿うように位置合わせをしたり、位置合わせをした上で尺度(サイズ)を調整することが可能です
作図において知っておくとできることの幅が広がる便利な機能です。
※ オブジェクトであればなんでも位置合わせができるので、図1の例のように長方形である必要はありません。

「AutoCAD LT」ではコマンド入力でのみ使用可能とのこと。
つまり、画面上部に位置する「ホーム」や「挿入」のタブのところには存在しないと思われます。

使用の際はコマンドとして実行する必要があるので、「ALGIN」という綴りごと覚える必要があることに注意です。
まあ、忘れたらまたこの記事を開けばいいんですよ。
それか、「AL」まで覚えておけば予測変換で一番上に出てくるので、それを選びましょう。

ALIGNの基本的な使い方

では、使い方の悦明をしていきます。
図1の線分と長方形の位置合わせを継続して例としていきますね。

①位置合わせをしたいオブジェクトを選択する。
線分ABに長方形を位置合わせしたいので、長方形のオブジェクトを選択してからEnterキーを押します。
※ Enterキーを押さないと次に進みません。

②合わせる点を指定する。
「第1のソース点を指定」と出てくるので、どの点とどの点を位置合わせするか指定します。
ここでは図2のように長方形の左下角をクリックした後に点Aをクリックしたとします。
1→2の順番にクリックですね。

図2

2点をクリックすると「第2のソース点を指定」と出てきますが、この状態でEnterキーを押すと1から2に長方形がそのまま移動します。
この使い方ではあまり意味が無いので、ここではEnterキーを押すことは基本的にないです。

③合わせる点を指定する。(2回目)
「第1のソース点を指定」した時点で「第2のソース点を指定」という表示に切り替わっているので、次に合わせる点を指定します。
ここでは図3のように長方形の右下角をクリックした後に点Bをクリックしたとします。
3→4の順番です。

図3

これで長方形のオブジェクトの底辺と線分ABの位置合わせをする準備は整いました。
今度は「第3のソース点を指定」と出てきますが、無視してEnterキーを押します。
すると、「位置合わせ点にオブジェクトを尺度変更しますか?[はい(Y) いいえ(N)]」と出てきます。
ここで「Y」と入力してからEnterキーを押すと、長方形のオブジェクトの尺度が変更された上で位置合わせされます
つまり、長方形の底辺の長さが線分ABと同じになるように拡大されたオブジェクトが位置合わせされます。

逆に、「N」と入力してからEnterキーを押すと、長方形のオブジェクトの尺度はそのままに位置合わせされます
都合の良い方を選びましょう。

②で指定した点を基準に位置合わせされるという点にのみ注意が必要です。

「第3のソース点を指定」を途中で無視した理由ですが、個人的に使用しないからです。
というのも、「第3のソース点の指定」は2DCADではなく3DCAD用の機能なんですよ。
つまり、やろうと思えば立体的に位置合わせができるのです

ですが、私は2Dでしか図面を描く機会が無い為、使ったことのない機能を説明するわけにもいかずにこんな対処となっています。
まあ、3点指定できるから面に合わせられるようになるだけだとは思いますけどね。

ALIGNのコマンドオプションについて

ALIGNにはコマンドオプションはありません。

以上、ALIGNコマンドの使い方についてでした。

タイトルとURLをコピーしました