【今舞ってるの何?】 季節ごとの花粉と気をつけておきたいコト

雑記
スポンサーリンク

私は鼻炎持ちです。
2020/11/2現在、先週末と今週末で目が痒い・くしゃみが止まらないと明らかに花粉症の症状が出て苦しんでいます。
コロナのせいでくしゃみしているとどう見られるかわかったものではないので、有給取って様子みたり寝込んだりと散々です。

昔から年中花粉に悩まされていますが、薬は効かない体質なので有効な対処法は無く、厳密に何の花粉が舞っているのかを意識したことがありませんでした。
有名なのはスギですが、他に何があるのでしょうか?

せっかくだから俺はこの秋の花粉について調べるぜ。

1.季節ごとの花粉

まどろっこしいのは抜きにして、大体何が舞っているのかを月ごとに記載します。
地方によって異なると思うので、絶対ではないことに注意してください。

1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

:ハンノキ・スギ
:ハンノキ・スギ
:ハンノキ・スギ・ヒノキ・イネ
:ハンノキ・スギ・ヒノキ・イネ
:スギ・ヒノキ・イネ
:イネ
:イネ
:イネ・ヨモギ
:イネ・ヨモギ・ブタクサ・カナムグラ
:スギ・イネ・ヨモギ・カナムグラ
:スギ・カナムグラ
:スギ

10月後半から症状が悪化し始めたので、私の場合多分スギに反応していますね。
やっぱりてめぇか!!

2.補足説明

一部聞き覚えの無いモノがあったと思うのでちょっとした補足説明です。

◎ハンノキ
カバノキ科に属する樹木。
普通に公園にあったりするらしい。
スギ花粉と舞う時期が被っているので、スギが罪を押し付けられている可能性がある。

◎スギ
日本一大きく育つと言われている樹木。
学名「クリプトメリアヤポニカ(Cryptomeria Japonica)」、隠れた日本の財産の意。
遥か昔から家屋や身の回りのものに使用されている。
花粉をまき散らしている画像が調べると簡単に出てくるが、その様は異常。
あんなの舞ってたらそりゃ体調崩すわ。

◎ヒノキ
建材としてはトップシェアを誇る針葉樹。
神社や寺関連の歴史ある建造物に使われている場合が多い。
葉っぱはY字状の線が入った鱗のような形をしていて、よく見るとキモい(主観)。
アロマオイル・入浴剤など日用品にも使われてたりもする。
確かにヒノキ風呂っていい匂いするもんね。

◎イネ
日本の主食である米になる。
某漫画のミスミのじいさんの夢が詰まっている。

◎ヨモギ
キク科の草。
漢字で書くと”蓬”になり、途端に読めない人が増加する。
食用・薬用としてよく用いられている。
草餅とヨモギ餅は厳密には練り込まれている草が違いますが、大体混同されてヨモギ餅扱いされている。
それで困る人は別にいない。
ヨモギは好きだけど、ヨモギ茶って美味しいのかな…?

◎ブタクサ
ヨモギ同様キク科の草。
花言葉は「幸せな恋」、「よりを戻す」。
豚との関連性は不明。
ブタクサで調べるとなろうの「リビティウム皇国のブタクサ姫」が引っ掛かる。
…裏話で花言葉関係してたりとかするのかな?

◎カナムグラ
ほっとくと勝手に増えていく雑草。
蔓が強靭で、電柱・ガードレール・廃屋などに絡まっていることがあるので、大体どこかで見たことがある。
鉄のように強靭な蔓が生い茂り絡み合う様から、漢字では鉄葎と書く。

3.気をつけておきたいこと

明確な対処法はないので、できることを確実に行いましょう…というメモ書きです。

◎花粉を室内に持ち込まないようにする
当たり前ですが外出すると花粉が衣服に纏わりついているので、玄関で払っておきましょう。
洗濯物も部屋干しで我慢です。

◎困ったら洗浄する
帰宅後の手洗い・うがいはもちろんのこと、目が痒ければ洗顔もいいですね。
洗顔後にちゃんと拭き取らないともっと花粉付着しますけどね。
鼻うがいも有効って聞くけどどうなんですかね?
今度やってみようと思うので、メモとして「前屈みになって発声しながらやる」とだけ書いておきます。

◎マスクをする
調べるとよく出てきますが、正直気休め程度にしかならないと私は思っています。
高級なぴっちりしたマスクなら少しは違うのかもしれませんが。
マスクの下で鼻にティッシュを詰めて塞いでしまうのが個人的に一番効果ありますね。
バレないようにマスクでカモフラージュしているわけです。
体調が悪過ぎる時の最終手段です。

◎雨の日の翌日は注意
雨が降っている日は花粉は舞わないので調子は良くなりますが、晴れた日がヤバいです。
地面に落とされた分の花粉と、通常通り舞ってくる花粉が合わさって飛散するからです。

◎規則正しい生活を
3食摂ってよく寝て健康を心掛けましょう。
これは花粉症には限らない話ですね。
煙草やアルコールもよくない模様。

以上、「季節ごとの花粉と気をつけておきたいコト」についてでした。

タイトルとURLをコピーしました