【ETC利用時の領収書発行方法】 Webからカンタン入手

雑記
スポンサーリンク

会社都合の引っ越しなどで高速道路を使用した場合、会社の経費扱いになるので領収書を求められることがあります。
ETCではなく、一般会計時にもらえば良いのかもしれませんが、ETCでも領収書を発行できます
この記事では、Web上でカンタンに領収書を発行する方法について記述していきます。

1.ETC利用照会サービスの登録

ETCを利用した際の明細確認及び領収書の発行を行っているサービスがあります。
それがETC利用照会サービスです。
このサービスを利用する為にまずは登録を行う必要があります。
登録することにデメリットは無いので、一応やっておくと便利ですよ?
ただ、現状パソコン向けのサービスでスマフォには対応していないことに注意です

ETC利用照会サービス
ETC利用照会サービスは、過去15か月間の全走行明細(ETCカード利用)を確認できるサービスです。利用証明書を印刷したり、pdfやcsvファイルでのダウンロードもできます。

上のリンクからETC利用照会サービスのページへ飛び、ページ上部の「新規登録」を選択し、手順に沿って登録を行います。

大まかな流れは以下の通りです。

「利用規約を読んで同意」⇒「仮登録用のメールアドレス入力」⇒「届いたメールの本登録用のURLをクリック」⇒「登録情報入力」⇒「登録完了」
※ 私は普通のETCカード登録しましたのでその手順について記載していますが、ETCコーポレートカードでは手順が異なるかもしれませんのでご注意下さい。

必要なモノ

・メールアドレス

・ETCカード番号
カードに記載されている15桁の番号。
入力時にハイフンは必要無い。

・過去の利用年月日のメモ
過去15ヶ月以内に走行した日付。

・車載機管理番号
車購入時にETC用の機器取付をすると「ETC車載器セットアップ証明書」をもらえます。
この証明書に社債管理番号が書かれています。

・車両番号
ナンバープレートに書かれている数字4桁。

自分で「ユーザーID」と「パスワード」を決定する必要があるので、メモを忘れないようにしましょう。
また、過去の利用年月日の入力を催促されている通り、過去にETCを利用していなければ登録できないです
本人確認の意図もあるようなので、一度は利用しましょう。

2.ETC利用照会サービスの利用

登録が完了したら、早速サービスを利用して領収書を発行しましょう。
・・・といきたいところですが、データが反映されるまで4時間程必要です

4時間以上経過したらETC利用照会サービスのトップページへ戻り、ページ上部のログインをクリックします。
ログイン画面で先程登録した「ユーザーID」及び「パスワード」を入力してログインを行います。
ログインすると過去15ヶ月分の明細を閲覧することができます。
それ以前のデータは消えます

領収書を発行したい日付を含む月を選択すると、その月の利用履歴が一覧で表示されるので、対象の部分にチェックを入れます。
利用していない月を選んだ場合は『当該月のご利用はありません。』とだけ表示されます。

チェックを入れた状態でページ下部の「利用証明書発行」をクリックします。

すると、上図のような証明書PDFが表示されるので、紙媒体で提出する場合は印刷を、メールにデータを添付する場合は右クリックで保存します。

以上、「ETC利用時の領収書発行方法」についてでした。

タイトルとURLをコピーしました