【Twitterの手引き】 Twitter上で自動再生される動画を埋め込む方法

アプリ
スポンサーリンク

老若男女問わずTwitterは使用されていますよね。
ですが、誰でも最初は使い方がわかりません。
ということで、Twitterを使用するに当たり私が調べなければわからなかったことをメモとして残しておくのがこの記事の趣旨です。
ちなみに、私は主にPCのブラウザ版を使用するので、記述するのはほぼブラウザ版の内容になります。
その為、アプリの括りに入れているのは誤りだったりします。

今回は「Twitter上で自動再生される動画を埋め込む方法」についてです。

Twitter上で自動再生される動画を埋め込む方法

私はYouTubeにアップロードした動画のツイートをしているのですが、どんな動画なのか示す為に画像を複数載せたりと試行錯誤していました。
リンクをそのまま貼り付けるだけだと、アプリを使用する・ブラウザ版を使用する・PCで見る・スマートフォンで見るなどの条件によって何も画像が表示されないことがあるからです。

そんな折、普通に動画が自動再生表示されているツイートを目撃してやり方を調べる運びになり、こうしてメモとしてまとめています。

使うのはTwitterに搭載されている機能である「Media Studio」というものです。
『何それ?』と思いますよね?
それもそのはずで、設定してあげないとこの機能は有効にならないのです

早速説明していきますね。

1.アナリティクスを有効にする。
まずは、「もっと見る」の中にある「アナリティクス」を開きましょう。

図1

開くと「アナリティクスを有効にする」というボタンがあるので、それをクリックします。
クリックしたら、「詳細」の中に「動画」とあるのでこれをクリックして、一度Twitterを開き直します。

図2

2.Media Studioを使用する。
開き直したTwitterで「もっと見る」も再びクリックすると、「Media Studio」という項目が増えているはずなのでそれをクリックします。

図3

3.動画をアップロードする。
「Media Studio」を開くと画面右上の方に「メディアをアップロード」というボタンがあるので、これをクリックして動画をアップロードします。

図4

4.ツイートする。
アップロードされた動画がライブラリに表示されるので、その動画をクリックします。
すると色々入力項目が出てきます。
別に入力する必要はないですが、「どのような動画ですか?」のカテゴリー選択くらいはやっておくといいかもです。
また、「Call to action」にURLを貼り付けるとそこにリンクさせることもできるようになるので、YouTubeに誘導したりすることも可能です

図5

後は、ツイートボタンをクリックしてツイートの内容を打ち込んでいくだけです。

図6

ちなみに、この方法を用いると予約投稿も可能です。
最後にツイートするボタンの左横に「予約設定する」とあるので、ここから日時を指定しましょう。

図7

以上、Twitter上で自動再生される動画を埋め込む方法についてでした。

タイトルとURLをコピーしました