【Twitterの手引き】 言語設定を英語から日本語に直す方法

アプリ
スポンサーリンク

老若男女問わずTwitterは使用されていますよね。
ですが、誰でも最初は使い方がわかりません。
ということで、Twitterを使用するに当たり私が調べなければわからなかったことをメモとして残しておくのがこの記事の趣旨です。
ちなみに、私は主にPCのブラウザ版を使用するので、記述するのはほぼブラウザ版の内容になります。
その為、アプリの括りに入れているのは誤りだったりします。

今回は「言語設定を英語から日本語に直す方法」についてです。

言語設定を英語から日本語に直す方法

どういった場合になるのかよくわかりませんが、Twitterの表記が英語に切り替わることがあります。

日本語のTwitterは以下のようにメニューが表示されます。

図1

うん、普通ですね。

それに対し、英語で表示されたTwitterは日本語訳されると以下のようになります。

図2

なんか違和感がありますね。

このくらいなら問題は無いのですが、他の文章も変に翻訳されるという問題点があります

例えば、私は紹介文を以下のように入力しました。

ブログ記事告知用のアカウントです。電気分野の知識を主体に、ちょっとわからないことや気になったことを調べてまとめておく便利帳のようなブログです。同じようにブログをやっている人がいたら相互フォローしていけたらいいなと思います。

すると、この文章まで翻訳されて以下のような怪文書になってしまいました。

ブログ記事告知用の得です。相互ダウンロードしてブログいいなと思います。

…(困惑)

ということで、そもそもの設定を英語ではなく日本語に変更する方法を紹介していきます。

図2に「もっと」というアイコンがありますよね?
これをクリックして、「設定とプライバシー」を選択してください。

図3

すると設定画面が表示されるので、「アクセシビリティ、表示、および言語」をクリックした後に「Languages」を選択します。

図4

ここで「Display language」が「English」になっているはずなので、これを「Japanese – 日本語」に変更して「save」をクリックしましょう。

図5

図6

これで日本語に切り替わります。

切り替えた直後に「常に翻訳をしますか」という表示がされたらチェックを外しておきましょう。
そうしないと、日本語を翻訳されてまた意味不明な言語にされてしまいます。

以上、言語設定を英語から日本語に直す方法についてでした。

タイトルとURLをコピーしました